Conference ER Cloud Conference ER ユーザマニュアル

作成したフォームを自サイトに貼り付ける

クラウドサービスでは、プレミアムプランでのみ利用可能です。

Conference ERで作成したフォームは、あなたのウェブサイトの任意のページに貼り付けることができます。

これは、スニペットと呼ばれるHTMLコードの断片を、申し込みフォームを挿入したい位置に貼り付けることで簡単に実現できます。
スニペットが貼り付けられたページを表示すると、フォームを表示するためのIFRAMEタグが動的に生成され、あなたのウェブサイトのページ上で申し込みを受け付けることができます。

例えば、イベントのプロモーションサイトを既にお持ちの場合、プロモーションサイトに申し込みフォームを付けることで、訪れたお客様をシームレスに申し込み手続きに導くことが可能になるでしょう。
また、イベントのブランディングの一環として、申し込みフォームのデザインをイベントの紹介サイトと合わせたい場合にも、フォームの埋め込みは有効です。こうすることで、外部のフォームサービスを使っていることをお客様に意識させないようにできます。

フォームを貼り付けるための設定

スニペットを表示させる

埋め込みフォームボタン
  1. フォームを貼り付けるためのスニペットを表示するには、まず管理ツールからあなたのページに埋め込みたいイベントを選択し、イベント詳細画面を表示します。
  2. イベント詳細画面で 埋め込みフォーム の右の ボタンを押すと、スニペットが表示されます。
スニペット表示ダイアログ

自サイトへのペースト

  1. 表示されたスニペットのコードをコピーしたら、そのままあなたのサイトにあるウェブページのHTMLへ貼り付けます。
  2. スニペットを貼り付けたページをブラウザで表示すると、作成した申し込みフォームが適切な大きさで画面表示されます。

貼り付けたフォームからの申し込み

あなたのサイトに貼り付けられた申し込みフォームから申し込みをすると、同じページ上で申し込み手続きは遷移します。

ご注意

「開催日時」や「主催者等」のイベントの概要項目や、Conference ERで設定したヘッダ、フッタは、貼り付けられたフォームには表示されません。

TIPS

  • 貼り付けた申し込みフォームの申し込み完了ページには、デフォルトで 閉じる ボタンが表示されます。もし、申し込みの完了後に別のページに遷移させたいのなら、アピアランスの設定から、別のリンクボタンや戻るボタンを設定してください。
  • 最初から自サイトに貼り付ける目的のみでフォームを作成する場合は、イベントの新規作成時に、開催日時等の必須でない概要項目は全て空白のままとしておきます。貼り付けられたフォームには、もともと概要欄が一切表示されないため、余計な入力の手間を省くことができます。
  • 貼り付けたフォームにも、イベントの公開/停止や、開始/終了の日時、募集人数制限等の公開条件の設定は有効となります。
Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Share on LinkedInPrint this pageEmail to someone