Conference ER Cloud Conference ER ユーザマニュアル

確認メールを設定する

Conference ERでは、申し込み完了後に自動的に申込者に確認メールを送信することができます。
また、申し込み内容を一度確認してから、申し込みを受け付けたメールを送信するか、送信しなかを後から決めることもできます。

確認メールは、メールアカウントの設定後、メールのタイトルや本文、署名(シグニチャ)をイベント毎に設定することで、オリジナルのメッセージを送付することができます。

確認メールを設定するには、管理ツールから各イベントの詳細ページへ移動し、上部メニューの

を選択します。

メール送信有無と送信方法の設定

確認メールの設定画面1

確認メール送信のON/OFF

確認メールはデフォルトでは送信しないように設定されています。

確認メールを送信するには、確認メールを送信するのチェックボックスにチェックをつけて、画面の最下部にある 保存 ボタンを押して、設定を保存します。

確認メールの送信方法

申し込みフォームページでの登録が完了と同時に確認メールを自動送信したい場合には、
登録完了時に自動でメール送信 ラジオボタンを選択します。

申し込みフォームページでの登録完了時には確認メールを送信せず、申し込み内容を確認してからメールを送信したい場合には、
申込者管理から受付後にメール送信 ラジオボタンを選択します。

「申込者管理から受付後にメール送信」を選択したい場合、クラウドサービスでは、プレミアムプランとしてご利用いただく必要があります。

メール内容の設定

確認メールの件名と本文は、自由に設定することができます。

各設定を反映させるには、画面の最下部にある 保存 ボタンを押して、設定を保存します。

確認メールの設定画面2

メールタイトルの設定

メールのタイトル(件名)を設定するには、メールタイトル欄下のテキストフィールドにタイトルを記入します。

メール本文の設定

メールの本文には、申し込み時の完了画面の表示内容(=登録内容)が自動的に埋め込まれるようになっています。
この登録内容の前後に、任意の文章を設定することができます。

登録内容の前の文章(宛名に続く文章)を指定するには、メール挿入テキスト(登録内容表示前)欄のテキストエリアに文章を記入します。

登録内容の後の文章(署名の直前に入る文章)を指定するには、メール挿入テキスト(登録内容表示後)欄のテキストエリアに文章を記入します。

HINT

これらの文章中に改行を入れると、送信されるメール本文にも改行が入ります。

署名(シグニチャ)の設定

確認メールの文末に挿入される署名を指定するには、メール署名(シグニチャ)欄のテキストエリアに文章を記入します。

自分宛てにもコピーを送付する

確認メールでは、申込者にメールを送るだけでなく、自分宛にもBccで送信することができます。

これは、あなたのイベントに申し込みが入った旨の通知をしたい時や、申し込みのエビデンスを取っておきたい場合に利用することができます。

確認メールの設定画面3

Bccの設定

Bccを設定するには、自分をBccに含めるのチェックボックスにチェックを入れ、Bccで送信する宛先のアドレスを選択します。

登録していないメールアドレス宛にBcc送信するには、その他のメールアドレスにチェックを入れて、その下のテキストフィールドにメールアドレスを記入します。

設定が完了したら、画面の最下部にある 保存 ボタンを押して、設定を保存します。

ご注意

確認メールが設定されていても、次のような場合には、メールは送信されません。

  • メールアカウントが正しくセットアップされていない場合
  • 申し込みフォームにメールアドレスの入力欄を表示しない場合
  • 申し込みフォームにメールアドレスの入力欄はあるが、これが必須ではなく、申込者がメールアドレスを入力しない場合
  • 申込者が記入したメールアドレスが間違っている場合
HINT
  • クラウドサービスのみ: あなたの独自のメールアカウントが未設定の場合には、確認メールは「Conference ER クラウド」 <cloud@conference-er.com> から送信されます。
  • メールアカウントのセットアップについては、こちらを参照してください。
Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Share on LinkedInPrint this pageEmail to someone