Conference ER Cloud Conference ER ユーザマニュアル

メールアカウントを設定する

Conference ERでイベントを作成すると、普段自分の使っているメールアドレスを使って、自動確認メールやフォローアップメールを送信することができます。

まずはメールアカウントの設定をします。メールアカウントはログインアカウントに紐付けて、あなたの作成する全てのイベントで共通に利用することができます。
または、特定のイベントのみ別のメールアカウントを設定することもできます。

ここでは、あなたの作成するイベントに共通で利用するアカウントの設定方法 (これを「標準メールアカウント」と呼びます。) を説明します。

標準メールアカウントの設定

標準メールアカウントを設定するには、管理ツールのトップメニューから

を選択します。

HINT
  • もし作成したイベント毎に別々のメールアカウントを設定する場合には、イベント一覧からそのイベントを選択して、上部のメニュー「イベント設定」 「イベントメールアカウント」を選択します。
  • クラウドサービスのみ: メールアカウントが未設定の場合には、共通のメールアカウントとして「Conference ER クラウド」 <cloud@conference-er.com> が設定されます。
SMTPサーバの設定

送信元(From)メールアドレスの設定

  1. 「Fromメールアドレス」に設定したいあなたのメールアドレスを指定します。
  2. 「メール表示名」には、メールを受け取った人のメーラーに表示される送信者名を指定します。

送信(SMTP)サーバの設定

HINT

SMTPサーバの設定方法が分からない時は、そのメールアドレスを管理しているプロバイダや、企業のシステム管理者にお問い合わせください。

  1. 「送信(SMTP)サーバ」には、Fromアドレスに指定したメールアドレスのSMTPサーバ名を指定します。
  2. 「ポート」にSMTPサーバのポート番号 (通常は25587になります) を指定します。
  3. メール送信に認証が必要なSMTPサーバの場合には、「送信サーバに認証を使用」にチェックを入れ、更に認証情報を入力します。
    認証方式PLAIN / LOGIN / CRAM-MD5 の中からSMTPサーバの認証方式を選択します。 (通常は、PLAIN を設定するプロバイダが多いようです。)
    ユーザ名メールのアカウント名 (またはプロバイダのログインIDなど) を指定します。
    パスワードあなたのメールアカウントのパスワード (またはプロバイダのログインパスワードなど) を指定します。
    通信の暗号化使用しない / SSLを使用 / TLSを利用 の中から暗号化方式を指定します。
  4. 保存 ボタンを押して設定を保存します。

送信テスト

設定したメールアカウントから本当にメールを送信できるかどうかをテストすることができます。

メール送信のテストを行うには、「テストメールを送信する」ボタンを押すだけです。

テストメールの送信

ご注意

送信テストをする前に、設定したメールアドレスや送信(SMTP)サーバの設定を必ず保存してください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Share on LinkedInPrint this pageEmail to someone