Facebookでイベントを作成する

Facebookでのイベント作成は、Facebookを使っていてすでに友達が多い人にとっては、とても手軽で良い方法ですよね。

ここでは、Facebookでのイベントの作成のやり方と、更に便利な使い方について紹介したいと思います。

まずはFacebookイベントページを開きましょう

PCでFacebookを開くと、左側にメニュー一覧が表示されますよね?
ここから「イベント」をクリックしましょう。

Facebookサイドメニュー

おすすめイベントや、あなたが招待されているイベントがすでにいくつか表示されているかもしれませんが、このイベント画面の上部にある「作成」ボタンから、新しくイベントを作成することができます。
「作成」ボタンを押すと、下のようなダイアログ画面が表示されますよね?

イベント作成ボタン
Facebookイベント記入ページ

あとはこのフォームにあたなのイベントに付ける名前(イベント名)、イベントの詳細、場所、日時、イベントページを公開する範囲を記入して「作成する」ボタンを押せば、はい、Facebookイベントページの作成完了です。

イベントに招待する

Facebook主催イベント

イベントページにはリンクを付けることもできる

イベントの詳細欄にはイベント内容を書きますが、ここには外部サイトへのリンクURLを付けることができます。HTMLのアンカータグ(Aタグ)を書くのではなく、直接URLを書くことでリンクとして表示されます。
このリンクをクリックするとウェブブラウザでは、新規ウインドウまたは新規タブとしてリンク先が開きますので、イベントの企画サイトや、申し込みページ、あるいは主催者や協賛のサイトへのリンクをつけておきましょう。

Facebookページなら申し込みフォームサービスとの連携が可能

Facebookページでイベントを作成すれば、イベントの申し込みができるウェブサービスへのリンクを追加することができます。

個人アカウントで作成したイベントでは、この機能は使えませんので、定期的にイベントを企画される方はまずはFacebookページを作成することをおすすめします。

Facebookページでの申し込みサイトの設定

  1. Facebookページに移動して、 「クーポン、イベントなど」をクリックします。
  2. 「イベント」を選択します。
  3. 「チケット」の横に、イベントの申し込みフォームページのURLを設定します。
  4. イベントの詳細を追加して、「作成」をクリックします。

このように作成したFacebookイベントを開くと、「チケットを入手」のリンクが表示されます。このリンクをクリックすると設定した申し込みフォームサービスに移動します。

Facebookを使っていないユーザもまとめて管理する

Facebookイベントは確かに手軽で便利なのですが、致命的な点もあります。
それは、そもそもFacebookを使っていないユーザを排除してしまうしくみであること。
考えてみれば当たり前のことではありますが、FacebookのイベントはFacebookを使っていない人を招待することはできませんし、出欠席を取りまとめることもできません。では、どうするのか?

フォームサービスなどを使って案内と申し込みページを作り、Facebookユーザもそうでない人も申し込みページでまとめて詳細な案内と出欠席の受け付けができると便利です。

外部の申し込みフォームサービスを使う

Conference ER クラウドなら、無料で会員登録して、少人数のイベントであれば無料で簡単にウェブ申し込みフォームを作成できます。

Conference ER クラウド

大規模なコンファレンスや展示会などのイベントも、わずかなコストで申し込みの管理ができます。
セミナー講師などの個人の方から、イベントを企画する企業様まで、Facebookに限らず、紙媒体やメール、FAXなどといった様々なメディアとの連携が可能です。

また、利用者の申し込み情報は、個人情報を含むことが多いため、ポリシー上これを外部サービスに保存できない企業様には、自社構築型のオンプレミスシステムもご用意しております。

Share on FacebookTweet about this on TwitterGoogle+Share on LinkedInPrint this pageEmail to someone